RSS | ATOM | SEARCH
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

インド式ダイエット

インドの人気歌手、1年で100キロの減量に成功
 英国生まれのサミさんは、医者から余命数カ月と警告されたのをきっかに減量を開始。約1年で100キロ以上も体重を減らすことに成功した。

 自身が司会を務めるテレビ番組の発表記者会見でサミさんは「命拾いした。今はできることがたくさんある」と語った


200キロの体重ねぇ。
日本人は糖尿病になるから、なかなかここまでは太れないらしいが・・・

1年で100キロ、一ヶ月8〜9キロの減量、
一般人なら命拾いじゃなく、命を落とす危険性がある。

このあと必ず出てくるな。

あのビリーズ・ブート・キャンプを超えるダイエット法!!!
インド人歌手の命を救った、究極のダイエット法
1年で無理なく100キロ痩せた!
インド式ダイエット!!


なんてね。

続きを読む >>
author:koki@管理人, category:トピックス,
comments(0), trackbacks(2)
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

なんだ、この親はよ!

福岡・姉妹を2年間預けっぱなし
北九州市保育課によりますと5歳と3歳の姉妹が2005年秋ごろから24時間保育をうけ続け一度も自宅へ帰っていませんでした。
国の指針では5日以上24時間保育が続く場合は市に届けるように定められていますが砂津保育園は報告していませんでした。


これで市に届ければ、
児童相談所がきて子供が施設に入れられることになる
と園長は思ってかばってたんだろうが、
行政処分を受けることになるんだろうな。

気の毒に・・・

砂津保育園では1999年にも当時2歳と5歳の男の子をそれぞれ2年と4年にわたって長期滞在させ改善指導をうけています。

と以前もそういうことがあってのことだからねぇ。
なんか、つくづく、こういう話って難しい問題だよなって思うよな。
いかに行政が、法律と現場との間を、
フォローできるかにかかっているってことだろ。

佐藤良子園長は、親が迎えに来ると信じ、もし迎えに来なければ養子に迎えようと考えて預かっていたと話しています。

こういう所なら、子供を預けても安心だよな。
ホント。

だからといって、捨て子していいということにはならないし、
とんでもねぇことだがね。

それにしても、このバカ親。
犬畜生だって、産み放しなんてことはないのによ。
畜生以下だぜ。

セックスできるから、ハイ私は大人です
とでも思ってんのか。
バカヤローが。

続きを読む >>
author:koki@管理人, category:トピックス,
comments(0), trackbacks(2)
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

競歩、山崎勇喜の悲劇 世界陸上選手権

五輪目前の悲劇! 競歩の山崎、誘導ミスで棄権 世界陸上
「僕はゴールしたんですか…」
哀れ、競歩の山崎勇喜選手。

◆沢木啓祐・日本代表選手団長の話

「国際的な舞台で犯した大失態。お粗末のひと言だ。起こり得ない、あり得ないこと。きちんと原因を解明してほしい」

◆吉見正憲・競技運営副本部長の話

「きちんとやりたい、きちんとやりたいと思ってやっていた。その時、実際の現場にいたが、係員の間で情報が錯綜(さくそう)していた。山崎選手の周回を確認する際に「終わりや」という声が上がっていた」

◆桜井孝次・競技運営本部長の話

 「係員による誘導ミスで、大変申し訳ないことをしてしまった。周回を数える係員と、誘導係員の連携ミスかと思われるが、まだ、細かい状況や事実関係の確認が取れていない。これから、調査を行いたい」

といっていた組織委員会の出した結論が、
競歩の誘導ミス、「たまたま」発言に大慌て=世界陸上
 競歩の誘導ミスで大失態をさらした大会組織委員会が迷走を続けた。謝罪と状況説明の記者会見で高橋勲・道路競技審判長が「たまたま考えられないミスが出た。たまたま、そういうミスがきょう出た。審判員は一生懸命やったけど」と「たまたま」を連発した。
 これに対して報道陣から「たまたまで済むのか」といった声が飛ぶと、桜井孝次・競技運営本部長が慌てて「選手は最大限の準備をして大会に臨んだ。今のは適切でない表現で取り消す」と割って入った。審判員だけでなく、運営側幹部の意思疎通もなっていなかった。(了)時事ドットコム


とまあ、情けないことこのうえない。
しかし、これが、たまたまでも、起こり得ない、あり得ないことでもなく、
必然だったことが、こちらのサイトで確認できる。

「世界陸上」の真の舞台裏、運営がむちゃくちゃで現場は大混乱

お粗末すぎて話にならんわな。
それでも、今回の、世界陸上、まったく盛り上がらなかったのが、
世界陸上選手権やってたんだ、というPRにはなったのかな。

ただし、それも、きょうで終わり。
こういうのを、有終の美じゃなく、
なんと言うんだろう。

有醜の・・・・
なんだろう?

続きを読む >>
author:koki@管理人, category:トピックス,
comments(0), trackbacks(3)