RSS | ATOM | SEARCH
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

とっ捕まえて食っちまえば?

市長の「ハト駆除対策」、その費用に疑問視する声も

金がかかるというなら、餌付けしてから一網打尽にして、食っちまえばいいじゃん。
日本じゃ、ハトは平和の象徴みたいなもんだけど、
ヨーロッパには、ジビエっていうのがあるんだからさ。

ジビエ  はてなダイアリー
gibier/野禽獣。本来は狩猟された野生の動物を指すが、後の時代に飼育によって得るようになったり半野生であったりするものを含む*1。
いつでも食べられるわけではなく、解禁日がきちんと決められている。
日本での流通はフランスからの輸入が殆どである。

ハトなら、なんでも良いってわけじゃないだろうって?
モリバト、パロンブ、ヤマバトってえのが食えるらしい。
●ジビエって何? http://www.gourmet-meat.com/gibie/nani.html

まあ、国内で消費するとなると、いろいろと抵抗もあるだろうから、
ジビエの本場、フランスに輸出して外貨を稼ぐってえのは、どう?

まさに、一石二鳥。


[ 2006年10月01日 10時55分 ]

[ロンドン 29日 ロイター] ロンドン市長ケン・リビングストン氏が、タカを利用してトラファルガー広場のハトの駆除を行ったが、その費用について疑問視する意見が出始めている。

リビングストン氏は以前ハトについて、「ネズミに羽がくっついたようなもの」と表現したことで有名だ。2003年にはハト対策として、トラファルガー広場にいるハトに餌をやることを禁止した上、2羽のタカを“刺客”として送り込んだ。この方法については、世界各地の動物愛護団体から苦情がわき起こる結果となった。

以来、約2500羽のハトが広場から姿を消したが、それでも1000羽ほどのハトは今でもしぶとく居座っているという。

しかし、英国自由民主党の広報官マイク・タフリー氏は対策にかかった費用について、「タカを送り込んでから現在に至るまで、22万6千ポンド(約5000万円)の税金がつぎこまれている」と問題点を指摘する。

費用には鷹匠の毎日の交通費や、タカに殺されたハトを駆除する料金なども含まれているという。

「確かに、トラファルガー広場のハトは迷惑で、ロンドン市民の多くも『いなくなればいいのに』と考えている。しかしながら、1羽あたり約90ポンド(約2万円)の費用がかかっていることになり、はたしてそれは金額に見合った有効な方法なのか疑問に思います」とタフリー氏は言う。

一方、リビングストン市長の広報担当者は、「トラファルガー広場の北部では、実際にハトによる被害が発生しており、タカによる駆除対策は総じて広場の環境改善に有効な手段だった。ハトのフンによる近隣建造物の清掃費用削減にもつながり、年間を通じてイベントなどが開催しやすくなった」と話している。
author:koki@管理人, category:社会,
comments(0), trackbacks(1)
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

スポンサーサイト


author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
Comment









Trackback
url: http://butare3.jugem.jp/trackback/271
ごめんねハトくん〜福岡県のお墨付き
広告代理業アドバン・テック(福岡市)が開発した商品は、「ごめんねハトくん」ハトの天敵、タカの写真をパネルに印刷。風でパネルがはためき、ハトが見る角度によって、目玉の大きさが変わるため、ハトが警戒して近づかなくなるというものです。マンション管理会社など
福岡あるある情報銀行, 2007/05/12 8:57 AM