RSS | ATOM | SEARCH
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

千年の怨念

上海のタクシー運転手、勤務中のあくびや間食は禁止

24時間シフトのタクシー運転手に間食、あくびを禁止。
普通に、客から見えんようにやれ、
でいいんじゃないのか、と思うのが日本人的思考。

それより気になるのが、
窓を開けてつばを吐くタクシーの運転手が多いため、今年一月、それ専用の袋45000枚を配布することを上海市は計画していたこと。

そんなに、中国では、つばを吐く奴が多いのか
ということの方が驚きだったのだが、

痰吐き規制から中国における公共性の歴史を考察
乗用車に乗る際、一番安全な座席は運転手の真後ろだが、中国でタクシーに乗る場合は、窓を閉めておいた方が良い。うっかり閉め忘れると、飛沫が顔にかかることがある。運転手が窓から外へ唾を吐くのだ。

って、中国じゃ、ごくごく当たり前のことだったのね。

2008年の五輪を控え、北京市当局もこのままではまずいと考えたようだ。そこで06年3月より「文化水準向上キャンペーン」と題し、公共の場での、この痰吐き行為に対して最高50元の罰金もしくは周囲の清掃を義務付けるという規定を発表した。

って、やっぱり、北京オリンピックねぇ。
2年や3年で、どうにかなるような問題ではなさそうなんだが・・・

理由は、こちら↓

痰吐き規制から中国における公共性の歴史を考察の写真。
杭州岳廟にある秦檜夫妻の像。一昔前、人々は岳飛を謀殺した秦檜の像に唾を吐きかけることが通例となり、それがあまりにもひどくなったため、「唾を吐きかけるな」という看板が立てかけられた。

参考リンク⇒秦檜

ここでいう、一昔前とは、900年前のことである。
900年だよ。900年。

さすが中国人。
中国4000年の歴史は伊達じゃない?

<記事全文>
上海のタクシー運転手、勤務中のあくびや間食は禁止
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081188016489.html
[ 2007年08月25日 13時30分 ]
[北京 24日 ロイター] 上海市はタクシーの運転手に対し、勤務中にあくびしたり、お菓子を食べたりすることを禁止した。市内を走るタクシーの“マナー向上”を目的としたもの。北京ニュース紙が金曜日に報じた。

しかし同紙は、これら規則に違反した運転手に与えられる罰則については何も報じておらず、タクシー会社の社長が「ルールとして強制するのは難しいだろう」と話していることを伝えた。

中国のタクシードライバーは運転中にタバコを吸うことが禁じられているが、その取り締まりが難しいのが現状。

上海市民は同紙に対し、「タクシーの運転手は最長で24時間のシフト制となっており、しかも給料が比較的安い。あくびを禁じるのは厳しいと思う」と意見を述べている。

窓を開けてつばを吐くタクシーの運転手が多いため、今年一月、それ専用の袋45000枚を配布することを上海市は計画していた。
author:koki@管理人, category:中国のニュース,
comments(0), trackbacks(0)
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

スポンサーサイト


author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
Comment









Trackback
url: http://butare3.jugem.jp/trackback/312