RSS | ATOM | SEARCH
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

佐木隆三 お前のはメシのタネ

懲戒請求4千件超える 光母子殺害のTV発言波紋
▽自ら傍聴の努力を 一審から公判の傍聴を続けている作家佐木隆三さんの話

 わたし自身も差し戻し控訴審で弁護団が主張するストーリーはあんまりだと思っている。しかし法廷を自分の目で見た上で、物書きとして原稿を書き批判している。今回、橋下弁護士はなぜ自分で懲戒請求をしないのか。テレビでけしかけるようなやり方には賛成できない。弁護団を許せないという意見も多いだろうが、自分で傍聴する努力もせずにテレビの情報だけで懲戒請求をしたという人がいたとすれば情けない。


テレビやマスコミを通じてしか、山口母子殺人事件の詳細を
知ることが出来ない人間のほうが、
はるかに多いということに考えが及ばないんですかね

さぎ りゅうぞうさん。
えっ、サギじゃない、サキだ。
それは失礼しました。

ましてや、広島高等裁判所まで行って傍聴するとなると、
99.9いくつパーセントの人間は無理だとは思いません?

佐木隆三先生はいいですよ。
法廷を自分の目で見た上で、物書きとして原稿を書き批判している。
そりゃ、そうでしょ。
傍聴してそれを記事にして、原稿一枚いくらで、
メシのタネにしているわけですから。

でもねぇ、裁判を傍聴し、それを銭に代えれる人間て、
日本で何人いると思ってるんですか。

おれなんか、こんなに面白い記事書いてるのにもかかわらず
一銭にもならんのに。

なんちゃって

自分で傍聴する努力もせずにテレビの情報だけで懲戒請求をしたという人がいたとすれば情けない。

いかにも大作家先生らしい、人を見下した意見ですなぁ。
さすが、さすが、佐木隆三先生。

今回の橋本徹弁護士の発言は、ポピュリズムであることは承知。
しかし、国民感情抜きにして法律が成立するわけがない。

現に少年法の改正や危険運転致死傷罪も、
国民世論の発露からであることは、疑いのないところ。

今回、橋下徹弁護士が弁護士への懲戒請求権を国民に知らしめただけでも
十分に意義があると思ってますよ。

ホントに。

だって、知らなかったんだも〜ん。
弁護士を辞めさせる権利があったなんて。

あっ、佐木隆三大先生に、ひとつ疑問。

光母子殺害事件の裁判傍聴って、すごい競争率なんですよね。
それを、どうやれば、毎回毎回くじを引き当て裁判を傍聴出来るんですか?
その秘訣を、おせぇて。

<記事全文>
懲戒請求4千件超える 光母子殺害のTV発言波紋 '07/9/8
中国新聞ニュース
 光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審で、被告の元少年(26)の死刑回避を訴える弁護士への懲戒処分請求が四千件を超える「異常事態」になっている。きっかけは、橋下徹弁護士(大阪弁護士会)のテレビでの呼び掛けとされ、元少年の弁護団のうち四人が橋下弁護士に損害賠償を求め提訴。弁護の在り方をめぐって、刑事とは別の法廷で、弁護士同士が全面対決することになる。

 橋下弁護士は、五月二十七日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)で「あの弁護団に対してもし許せないと思うなら、一斉に懲戒請求をかけてもらいたい。弁護士会としても処分を出さないわけにはいかない」と発言したという。

 放送後、広島を始め各地で弁護団メンバーへの懲戒請求が相次いだ。日弁連によると、七日昼までに十弁護士会、四千二十二件に達した。昨年一年間の全弁護士への申し立てが千三百六十七件で、突出ぶりがうかがえる。

 今枝仁弁護士ら元少年の弁護団側は訴状で「広範な影響力を持つテレビを通じて不特定多数の視聴者になされた発言。専門家による正しい知見であると認識されやすく、極めて悪質だ」と指摘。

 これに対し、橋下弁護士は、五日に記者会見し「世間は弁護人が被告を誘導して主張を変えさせたと思っている」とした上で「『刑事弁護はここまでやっていいのか』と思えば弁護士会への信用は損なわれる」と反論した。自ら懲戒請求しなかったことは「世間の感覚で出してほしかった」と説明した。

 今枝弁護士は「刑事弁護活動には、社会に敵視されても被告の利益を守らなければならない困難を伴う」と話している。

 最高裁判決は、本村弥生さん=当時(23)=の殺害、乱暴について「乱暴するため殺害を決意した」と認定。元少年も一、二審で殺意や乱暴目的を争っていなかった。

 しかし、広島高裁の差し戻し控訴審で、二十二人の新弁護団は「殺意はなく傷害致死にとどまる」と主張し、元少年も「甘えたいと思い抱きついた」と法廷で供述。死亡後の乱暴は「復活の儀式だった」との説明に、夫洋さん(31)は「聞くに堪えない」と憤りをあらわにした。

 ▽自ら傍聴の努力を 一審から公判の傍聴を続けている作家佐木隆三さんの話

 わたし自身も差し戻し控訴審で弁護団が主張するストーリーはあんまりだと思っている。しかし法廷を自分の目で見た上で、物書きとして原稿を書き批判している。今回、橋下弁護士はなぜ自分で懲戒請求をしないのか。テレビでけしかけるようなやり方には賛成できない。弁護団を許せないという意見も多いだろうが、自分で傍聴する努力もせずにテレビの情報だけで懲戒請求をしたという人がいたとすれば情けない。
author:koki@管理人, category:殺人事件,
comments(0), trackbacks(0)
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

スポンサーサイト


author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
Comment









Trackback
url: http://butare3.jugem.jp/trackback/342