RSS | ATOM | SEARCH
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

滝川高校事件「遊びのつもりだった」

別の同級生2人を恐喝未遂容疑で逮捕 神戸・高3自殺
2人は6月下旬、少年に、自分たちの名前を督促メールに入れるよう依頼し、文面も相談。「現金を払わなければ何をされるかわからんで」などと送信させ、金を脅し取ろうとした疑い。2人は少年に「おれの(取り分)はなんぼやと聞いて」などと頼んでいたという。
神戸のいじめ自殺、さらに高3の2人逮捕…メールで金要求
調べに対し、2人は金を要求したことは認めたうえで、「遊びのつもりだった」と犯意を否認しているという。

遊び?
これが遊びだと!

ミクシィに女児ポルノ掲載=男を逮捕、「犯罪減ると思った」−警視庁
 インターネットの会員制サイト「mixi(ミクシィ)」の掲示板に女児のポルノ画像を掲載したとして、警視庁牛込署は25日までに、児童買春・ポルノ処罰法違反の疑いで、東京都中野区中央、衣服製造・販売業岡村圭基容疑者(38)を逮捕した。容疑を認めた上で「載せれば児童に対する犯罪が減ると思った」と話しているという。

どちらも、糞だが、児童ポルノのほうが
命を奪ってない分だけ、1mmほどマシかも・・・な。

こんな言い訳が通じるとでも思ってんのか、
舐めすぎだよ、くそガキ供。

一方、被害生徒とは、どんな子だったのか。

遺書に『世界一、幸せ者でした』 同級生恐喝 逮捕1週間
 神戸市の私立高校で自殺した三年の男子生徒(18)への恐喝未遂容疑で、同級生の少年(17)が逮捕され二十四日で一週間。学校が「仲良し」とみていた“仲間”は男子生徒を含め五人。ネット上のいじめ、特殊なモヒカン刈り、罰ゲーム名目で一方的に積み上げられた“借金”が五十万円−。誰がどこまで関与し、仲間以外に加害者はいるのか。遺書には「世界一の幸せ者でした」の文言。男子生徒の心の軌跡はまだ見えない。

いじられキャラ

 五人は高校二年になった昨年春、フットサルを始めたのをきっかけに仲を深めた。男子生徒の役回りは「いじられキャラ」。童顔で身長は一五〇センチほど。明るい性格で、周囲を笑わせることも度々あった。

 ほかの同級生らがいじめの兆しを感じたのはその年の秋。机の上に積まれた粘土。いじめはエスカレートし、下半身の写真がサイト上に掲載されたのは今春。携帯電話を介して同級生の間に広まった画像を見せられても「いじめられている」とは口にしなかった。「罰ゲームやから」と話し、力なく笑ったという。

証拠はメール

 「証拠はな、これ(携帯メール)しかないんや」。兵庫県警の捜査員が自分の携帯電話を指さして、つぶやいた。「自分には五万円。ほか(の仲間二人)には三万円。夏休み明けまでに払わんと何されるか分からへんで」(六月二十五日のメール)

 督促の携帯メールは六月に入って急増。多い日には、何度も送り付けられた。男子生徒は一週間後にメールアドレスを変え、翌日校舎四階から飛び降りた。

3枚にびっしり

 逮捕された少年は「最初は遊び半分で始めたが、最後は本気で金を取ろうと思った」と供述。学校の調査では、この少年以外に、現金要求に積極的に関与した生徒は浮かんでいない。しかし捜査幹部は「もっと悪いやつがいるかもしれない」と話す。

 遺書はA4判三枚。冒頭で両親あてに「世界一の幸せ者でした」と感謝の言葉を書いた。隣にハートマーク。数日かけて書いたとみられ、一枚目には細かい手書きの文字がびっしり並んでいた。しかし、いじめた相手を名指しで非難するくだりは最後までなかった。


なんで、ここまで我慢しなきゃならなかったんだろうか。
いや、ここまで追い詰められたと見るべきか。
誰かにひとこと話していれば・・・
そんな人間が、まわりにただのひとりもいなかったのか?
残念だよな、無念だよな。

今の時代、やさしさは罪なのか・・・

参考動画リンク1→http://www.nicovideo.jp/watch/sm1138410

このくそガキ供の、「遊びのつもり」

ほかの同級生らも立件へ 高3恐喝未遂で兵庫県警
少年らは昨年秋ごろから、仲間うちで「うそをつくたびに一万円払う」と一方的に男子生徒に約束させて現金を要求、総額約五十万円に達していたことが分かっている。

男子生徒は、自殺する約一カ月前の今年六月から日雇いのアルバイトを開始。友人には「借金を返すため」と説明していたという。

また男子生徒は、少年らにお好み焼きなど食べ物の買い出しを頻繁に命令され、代金はほとんど自分で払わされていたことも新たに分かった。


仲間の少年2人を逮捕へ
3人の少年は共謀し、今年春ごろから男子生徒が自殺した7月初旬にかけ、携帯メールなどで「夏休み明けまでに金を支払わんと、何されるか分からへんで」と脅し、現金を恐喝しようとした疑い。

少年らは「うそをついたら1万円支払う」という「罰ゲーム」を男子生徒に強要。一方的に積み上げた“罰金”は、総額で50万円近くに上っていたとされる。

県警は17日、金を要求する携帯メールを実際に送り付けたとして1人目の少年を逮捕。さらに、仲間の少年2人が「僕たちも入れてほしい」と現金要求に進んで加わっていたことが分かり、慎重に調べていた。


遺書に「はだかとられたの嫌」 神戸いじめ自殺
男子生徒のポケットから見つかった遺書めいたメモに、「はだかの写真をとられたのが嫌だった」などと書かれていた。

自殺直前に督促メール数件 仲間同士「警察怖くない」
 県警は一時期に集中した現金要求メールが自殺した生徒を追い詰めた疑いがあるとみて、生徒らの携帯電話のメール送受信歴などを調べている。
 また、県警が少年らを含む同校の生徒から自殺の背景などについて事情を聴いた後、フットサルの仲間同士で「警察にうそをついてもばれない。怖くない」という趣旨のメールを回覧していたことも新たに分かった。


そして、自殺当日の弁当箱に、母親が入れたのとは別のおかずが詰め込まれていた件
http://usagiunagiwawa922.seesaa.net/article/56665449.html

これが「遊びのつもり」か!
ふざけるな!

それでは、学校側の対応はどうだったのか、

いじめの有無、尋ねず ケア優先、高校は対応後手
高校は、生徒の自殺直後の7月6日から30日まで約70人から聞き取り調査。しかし、フットサル同好会の生徒や同級生らが「友達の死にショックを受けている」と判断。心のケアを重視し、いじめの有無を知っているかどうかは尋ねず「どんな友達だったか」という質問にとどめていた。

 高校は「(自殺した生徒は)模試の結果が悪く落ち込んでいた」と、逮捕された少年が証言していたことなどから、7月18日「いじめは認められない」と兵庫県に中間報告していた。


「いじめは認められない」としていたものが、

神戸・高3自殺、学校が一転いじめを認める
 ◆2同級生も要求メール
校長らは、生徒に対するいじめを否定していたこれまでの説明から一転、いじめがあったことを認め、「亡くなった生徒の冥福(めいふく)を祈り、遺族におわび申し上げたい」と謝罪した。

 同高は、少年が逮捕された翌日の18日から3日間、同級生ら約40人に改めて聞き取り調査やアンケートを実施。クラスメート34人中11人が「(生徒は)フットサル仲間の同級生にいじめられていた」と回答した。

 同高によると、同級生2人は、逮捕された少年に「(メールに)自分の名前と金額を入れておいて」などと頼み、金を要求するメールを送らせていたという。また、この3人が数回にわたり、生徒の机の引き出しやかばんの中に紙粘土を詰め込んでいたことも明らかにした。

 一方、少年や同級生らが生徒から金を受け取っていた事実はわからないといい、生徒がブレスレットを買わされていたことが、恐喝にあたるかどうかは確認できなかったという。

 校長は記者会見で、「いじめが自殺の要因の一つだったと思う」と唇をかみ、紙粘土を使ったいたずらがあった際、担任教諭が気づいて生徒に声をかけていたことに触れ、「教師との信頼関係があれば、サインを見落とさずにすんだかもしれない」と肩を落とした。

 生徒が自殺した直後や、少年の逮捕後に、「いじめはなかった」としていたことに関しては、「1回目の調査は不十分だった」と調査の甘さを認め、「逮捕がなければ、いじめと認識できなかったかもしれない」と述べた。ただ、メールやインターネットを使ったいじめについては、「いじめの方法としては想定していなかった」と釈明した。

 生徒が同級生らの実名を挙げ、「(要求された)金を払えない。死ぬしかない」などと記していた遺書については、同高は、少年が逮捕された直後の記者会見で、「遺書めいたものがあるということは聞いていたが、子どものプライバシーに配慮し、白紙の状態で調査しようと考え、内容は知らないままだった」と説明。現在も確認していないという。

子どものプライバシー?
学校の体面だろう。
この学校以前にも、こういうことがあった。

「酒強要」事件、県への報告1年後 高3自殺の私立高
 自殺した男子生徒=当時(18)=が同級生らから金品を要求されていた事件のあった神戸市内の私立高校で、二年前にも同級生に酒を強要し、急性アルコール中毒にさせたとして生徒が傷害容疑で書類送検される事件があり、同校は新聞報道があるまで一年余りも兵庫県への報告を怠っていたことが二十四日、分かった。インターネット掲示板への中傷の書き込みなど今回との共通点があったとみられる。当時二年生で被害に遭った大学生の男性(18)は、事件について同校の調査、報告が不十分だったとし「事件を隠そうとするのは学校の体質。悔しいというより、情けない」と批判している。

 警察の調べや男性の話によると、二〇〇五年九月、教室でペットボトルのジュースにウオツカを混ぜて、同級生らが男性に飲ませた。

 男性は事件直後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。学校を欠席し約一カ月後に登校できたが、その日、インターネットの掲示板に実名を出して「よく出て来られるな」といった書き込みがあるなどして、再び登校できなくなったという。

 同校は、調査に名乗り出た同級生五人のうち一人を退学、残り四人を一-三週間の停学処分とした。しかし、男性によると、もっと多くの生徒が取り囲み、飲酒するようにはやし立てたという。

 当時、説明を求めた両親に対して、同校は「子どもの悪ふざけだった」「詳しく分かり次第説明する」と釈明したが、その後も詳しい説明はなかったという。事件直後に保護者対象の説明会の要請もあったというが、実施されなかった。

 また、県教育課によると、同校が事件を報告したのは、神戸新聞の報道があった〇六年十一月。同課は当時、迅速な報告を同校に求めた。

 男性は今も、不意に声を発してしまうなどの症状が残り、通院を続けている。今回の事件については「事件が起きても不思議ではない」と指摘。男性の母親も「息子の時に事件を教訓とし、きちんと対策をしておけば、自殺した生徒は助かったのではないか。残念でならない」と語った。


こんな学校、こんなクラスメートでなければ・・・
この子は・・・

<記事全文>
別の同級生2人を恐喝未遂容疑で逮捕 神戸・高3自殺
 神戸市須磨区の私立高校で7月に飛び降り自殺した3年生の男子生徒(当時18)が同級生らから現金を要求されていた事件で、恐喝未遂容疑で逮捕された少年(17)=兵庫県西宮市=と共謀して金を脅し取ろうとしたとして、県警は25日、同容疑で17歳と18歳の同級生2人=いずれも神戸市西区=を逮捕した。2人は学校の調査に対し、金の要求に関与していたことを認めていた。

 2人は、自殺した生徒や今月17日に逮捕された少年と同じクラスで、フットサル同好会の仲間。県警はさらに、もう1人のフットサル仲間の同級生からも任意で事情を聴いている。

 県警少年捜査課などの調べでは、生徒は昨年秋、少年らと「うそをついたら、1回につき1人ずつに1万円を払う」との罰ゲームを約束。今春以降、最初に逮捕された少年が、うそをついたとして生徒に再三にわたって携帯電話のメールで金を要求。「罰金」は40万〜50万円に膨らんでいたという。

 2人は6月下旬、少年に、自分たちの名前を督促メールに入れるよう依頼し、文面も相談。「現金を払わなければ何をされるかわからんで」などと送信させ、金を脅し取ろうとした疑い。2人は少年に「おれの(取り分)はなんぼやと聞いて」などと頼んでいたという。

 初めに逮捕された少年は「2人に集金するよう頼まれてメールを送った」などと供述。県警は、依頼された日時や場所などを詳細に聞きだした結果、「3人に謀議があった」と判断した。県警幹部は「いじめがエスカレートして犯罪の領域に達していた」としている。
author:koki@管理人, category:兵庫滝川高校いじめ自殺事件,
comments(0), trackbacks(5)
【特集】 現金10万円がアナタに当たる♪ その他、5万円、3万円、1万円 の現金プレゼント♪

スポンサーサイト


author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
Comment









Trackback
url: http://butare3.jugem.jp/trackback/359
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/07/30 7:19 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/10/23 9:32 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/10/26 7:12 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/10/27 12:47 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2009/10/29 10:41 AM